HOME » Apple, Apple, Mac

新型 MacBook を触ってきた。

投稿日 2008/10/19閲覧数 5,787 viewsコメント数 8 Comments add to hatena (2) add to del.icio.us (0) add to livedoor.clip (0) add to Yahoo!Bookmark (0)
新型 MacBook を触ってきた。

週末、AppleStoreにて新型MacBookを実際に見てきた、触ってきた。
(発表時の感想はコチラ → 買いか否か?新型 MacBook と MacBook Pro 発表。)

やられてしまった。
正直、今回の黒縁のディスプレイデザインは、違和感もあり、いまいちピンときていなかったのだけれど、実際に見てみると、何と美しいことか。

実際に見て、触ってみた感想を書いてみる。

  • 「ユニボディ」のアルミ筐体

    これが、とてもいい。触った時の硬質で若干ザラっとした手触り。力を加えても、たわんだりする気配すらない。ポリカーボネート製の前モデルと比べると、安心感が全く違う。特に心を動かされたのは、上面パームレスト部分から継ぎ目なくつながる、角のライン。このエッジの美しさは秀逸。パーツの組み合わせによる微細な隙間や歪みなど全くないため、非常にソリッドで滑らかに、筐体全体が一体感を持ってそこに存在している。
    ディスプレイを閉じた時の佇まいなど、飾っておきたいくらいの美しさだ。これは、久々にやられてしまった。

  • 黒縁のLEDディスプレイ

    実際に見てみると、とても画面が見やすく集中できる印象を受けた。ディスプレイは今まで、周囲に何らかの段差があって(新型iMacのぞく)、ディスプレイ部分と、それを囲む枠、というのが明示的に分かれていたけれど、それがガラストップによって段差なく平らになっている。ディスプレイが消えていると、全面ブラックアウトするため、ここもまた一体感があり、美しい。前述の「ユニボディ」と共に、余計な継ぎ目や段差がないということが、これほど美しさを高めるとは思っていなかった。ディスプレイが点灯すると、黒縁の中に鮮やかにLEDバックライトの表示部が浮かび上がる。点灯時の黒縁と、キーボードの黒、ボディのシルバーとの対比も美しい。とても安定感のある組み合わせだ。

  • ボタンの消えたトラックパッド

    ボタンは無くなったが、トラックパッド全体が物理ボタンとして機能する。トラックパッドの手前部分が沈み込むようになっていて(上のほうは沈まない)、今までのトラックパッドとボタンの組み合わせで操作していた時と同じような指の配置で、クリックしたい時には手前部分を押し込めば、違和感なくクリックすることができた。右側をクリックすれば、右クリックとして認識されるよう設定もできる。(素晴らしいなと思うのは、これは左部分に設定することもできること。左利きの人も、自分に合った最適の状態に自由に設定ができる。このユニバーサルな思想は素敵だ。)
    操作感(摩擦感?)も上々。ガラス製なので、今までのMacBookのように表面が摩耗でテカることもなさそうだ。

  • 24インチ LED Cinema Display

    発売は11月以降ということだけれど、こちらも展示されていた。ケーブル類は本当にスッキリとしている。映り込みも想像していたより、気にならなかった。Appleが言うように、画面の明るさが映り込みを打ち消しているのかもしれない。
    気になったのは、ディスプレイに電源スイッチや輝度調整のボタンがどこにも見当たらなかったこと。全てMac経由で操作するのだろうか。ディスプレイだけスリープさせたい時とかもあるので、面倒そうだ。

予想通り購買意欲を刺激されまくり、ちょっとコーヒー飲んで考えたりした後、閉店間近、買う気満々でスタッフに声をかけてしまった。
が、USキーボードモデルは、まだ入荷していないということで、衝動買いは免れた。(JISキーは、見た目的にも操作的にも、個人的には選択肢に入らないんだ。)

どのみち、カスタマイズしてからの購入になるので、現状の環境(MacMini、CinemaDisplay20インチ、AirMac、ほか外付けHDDもろもろ)をどう活用するかも含めて、もう少し検討してみようと思っている。構想的に、MacMiniはサーバー的に使うように置いておいて、Appleの提案しているようにノートブックをメイン機にしたうえで、家では外付けディスプレイに接続、ポータブルとして持ち出せる状態も確保。という感じで考えている。内蔵ストレージの容量などは、全く気にしていないので(TimeCapsuleなど、外付け大容量のストレージをAirMac経由で使えばいい)、容量もアップし値段も落ち着いてきたSSDも選択肢に入るかなと思っている。

24インチの LED Cinema Display も気になるんだけれど、接続方法が Mini DisplayPort に限られるので、今後の環境変化に対応できるのか、不安なところもあり、購入に至るかどうかは微妙なラインだ。

ついでに(というか、当初はこっちが目的だったんだけれど)USB電源アダプタの交換も済ませてきた。

usbadapter

単体購入したほうは現物だけで交換してくれた。(単体購入はどうなる?:USB 電源アダプタ の不具合。)iPhoneと一緒に買ったほうは、シリアル番号を聞かれた。

何はともあれ、無事に交換できて良かった。

Trackback URL

0 Trackbacks / Pingbacks

    8 Comments »

    • taiyoushin

      私は、まだ実物を見ていないため、いまだに違和感を感じている一人なのですが(笑)、この記事をみていると、よだれがでてきそうです。

      やっぱり実物を見ると違うんですねぇ。

    • nt

      MacBook に関する情報収集をしていて流れてきました。
      「Apple 製品が好きだ」というフレーバーが随所に醸し出されていて心地の良い感じがしました。
      これも何かの縁です。
      崖から突き落として、いえ、背中を押すお手伝いをしていただいてありがとうございます。
      あと1年もすれば次期 OS が出るし、その際に MacBook もマイナーチェンジされるなと考えて待つということも脳裏によぎったのですが欲しいときが買い時と思い決心しました。

      実は iPhone も7/11 に(並ばずに)ゲットしている一見スキモノですが、本人は結構冷めた人間で、これも浮世の暇つぶし程度ぐらいにしか思っておりません^^。
      盛り下げてすみません。

      モノが来たらまたコメントさせていただきます。

    • zero:master (author)

      >taiyoushinさん

      こんにちは。

      実物を見て、触ってしまうと、キケンな感じです(笑)。
      自分の場合も、今回は見送りかなーと思っていたのですが。。今回の新型MacBookは、ここ数年の商品では一番ではないかと思うくらい、実製品のパワーがあります。

      懐具合が心もとない時は、遠目~から眺めることをオススメします(笑)。

    • zero:master (author)

      >ntさん

      こんにちは。
      コメントありがとうございます。

      >欲しいときが買い時

      これは、ホントそうですよね。コストパフォーマンスは年々上がるのが常の世界ですから、先を見ているといつまで経っても買えませんよね。私は「次」が来たら、できるだけ早く体験して、できるだけ長く恩恵を受けたいと考える人間なので(iPhoneとかもそうですが)、今回のようなモデルチェンジは購買欲最高潮です。

      突き落としちゃいまして、すみません(笑)。
      また、コメントお待ちしていますね。

    • なまちょこ

      うーむ…

      うーむ…

      冬のボーナスまで…永いなあ(笑)

      このレビューを読んで、思わず身をよじっている自分です(爆)

    • zero:master (author)

      >なまちょこさん

      こんばんは。

      永いですねぇ。。(笑)
      私も思い切ろうかどうか、あと一歩で踏みとどまっている感じです。

      個人的な感想なので、あくまでご参考までにご覧ください。実際に見て触って判断されることをオススメします!見て触ったらアウトという話もありますが(笑)。

    • nt

      こんばんは。

      「MacBook 13インチ 2.4GHz 4GBメモリ 128GBソリッドステートドライブ USキーボード」
      本日到着しました(鼻の穴おっぴろげ^^)。

      SSD、可成り(気持ちの上でも)快適です。
      のっけから10ファイルのアップデートがあったのですが、ちょっとよそ見している間に再起動まで終わっていました。
      アプリの起動も速いし、スリープからのリジュームがとにかく速い!これだけでもメッケモノです。
      (同クロックのiMac24との体感比較)
      アクセス速度云々より、HDD のように運搬に気を遣わなくて済むというのが最大の選択動機だったのですが。
      SSD、予算と容量が許す方は是非お勧めします。ま、来年あたり 256GB が値頃で出るでしょうが。
      みんなで使えば安くなる!^^
      (ちなみにSSDの限界書き込み回数に難点云々はかつての話だそうです)

      騒音については、室温(25度くらい)もあるでしょうが、ファンも廻らず、全く静かです。今のところウンともスンともいいません。
      ヒンジ下の排気口あたりがやや暖かくなる程度。
      実は今日、映画を1本見たのですが、ドライブも十分静かで130分見終わって排出したDVDもあまり熱を持っていませんでした(対iMac24比)。
      それと期待していなかったスピーカ音質もノート内蔵にしては悪くないです。

      タッチパッドはそれほど期待していなかったのですが、慣れるととても使い良いことがわかりました。
      マルチタッチも自然でよく考えられていると思います。
      クリックは使わずタッチとドラッグを全部オンにしているのですが、キータイプ時にも触ることなく全然問題ありません。
      で、マウスはもう繋がないつもりです。

      AirMac については、有線ルータにブリッジしている Time Capsule で Wi-Fi 接続しているのですが、実測していませんが、ケーブルと遜色無い体感です。

      ノートとしては、確かに重量はありますが、塊感、剛性感がイイモノ感をとてもよく醸し出していると思います。
      そいう意味では、 MacBook Air も同等以上なのですが、僕にとっては本体機能を限定し過ぎていて選択対象からは外れました。

      まとまりなく思いつくままに書き込ませていただきました。

    • zero:master (author)

      >ntさん

      詳細なレポート、ありがとうございます!

      うーん、羨ましいですね!
      「鼻の穴おっぴろげ^^」も、ホントそうでしょうね(笑)。よくわかります。

      にしても、SSD、良さそうですねぇ。。予算的にSSDは厳しい感じなので、HDDで検討していたんですが、再び心が揺れています。値下がりを待つか、、今買ってしまうか。。う〜ん、悩ましい。

      ntさんのレポを読んで、再び身をよじる方が増えそうです(笑)。
      ありがとうございました!

    コメントする »

    CAPTCHA


    Entries (RSS) | Comments (RSS)