HOME » Review, App, Apple, Apple, iPhone, Review

Macのキーボードで、iPhoneにテキスト入力:「RemoteKey」。

投稿日 2009/02/09閲覧数 28,386 viewsコメント数 No Comment add to hatena (39) add to del.icio.us (0) add to livedoor.clip (5) add to Yahoo!Bookmark (1)
Macのキーボードで、iPhoneにテキスト入力:「RemoteKey」。

HMDTさんの新作アプリ「RemoteKey」がリリースされた。
「iPhoneでテキストを入力する最速の方法」。

何ができる?

Wi-Fi経由で、iPhoneの外付けキーボードとしてMacのキーボードを利用できる。

iPhoneに外付けキーボードが欲しい。RemoteKeyはその思いを実現します。あなたのMacのキーボードから、iPhoneにテキストを入力する事が出来ます。もちろん、コピー・ペーストも可能です。入力したテキストをメールで送信したり、URLアドレスを入力してSafariで開いたり。
これがiPhoneでテキストを入力する最速の方法です。

Windowsには、まだ未対応。(2009/02/09 時点)

実際の利用イメージは、以下の動画を確認。

主な機能は、以下の通り。

  • Macのキーボードを使って、iPhone上のRemoteKeyにテキストを入力する事が出来ます。
  • 入力したテキストに対して、メールで送信、Safariで開く、Mapで検索、といった処理を行えます。
  • Bonjourを使って、簡単にiPhoneとMacを接続出来ます。
  • 外出先でも、Macでネットワークを作成して接続出来ます。

なお、利用には以下の環境が必要。

  • MacとiPhoneが同一Wi-Fiネットワーク上にあること。
  • Mac側にも「RemoteKey Connect」をインストールしていること。

BALMUDA design のアプリ「NumberKey」(「BALMUDA design のAppが公開:iPhoneをテンキーに。」)の、いわば逆転の発想だ(これも開発はHMDTさんなんですが)。

どう使う?

実際の利用シーンとして一番便利なのは、3Gネットワークしか繋がっていない時に、メールの入力作業はMacでしてしまって、送信はiPhone経由で、といったところだろうか。(Macがネットに繋がっていれば、普通にMacのメーラーから編集&送信すればいいわけだから。)

ほか、HMDTさんのサジェスチョンとしては、以下のような使い方とか。

たとえば、Mac側でWebを見ているとするでしょ。あー、このページをiPhoneで見たいな、と思ったら、RemoteKeyにアドレスをコピー・ペースト。そして、iPhone側でSafariを立ち上げてみることが出来る。または、Mac側でメールをチェックしていたら、次の打ち合わせの住所が書かれていたとするでしょ。そんなときも、RemoteKeyに住所をコピー・ペースト。それでマップを立ち上げれば、その住所にピンが落ちるのだ。

なるほどー。

ダウンロードは以下からどうぞ。


remotekey

RemoteKeyRemoteKey

「RemoteKey」公式サイト

Trackback URL

0 Trackbacks / Pingbacks

    コメントする »

    CAPTCHA


    Entries (RSS) | Comments (RSS)