HOME » Review, App, Apple, Apple, iPhone, Review

世界に触れる感動:物理演算ゲーム『Crayon Physics deluxe』。

投稿日 2009/02/01閲覧数 7,112 viewsコメント数 No Comment add to hatena (3) add to del.icio.us (0) add to livedoor.clip (0) add to Yahoo!Bookmark (0)
世界に触れる感動:物理演算ゲーム『Crayon Physics deluxe』。

『Crayon Physics deluxe』に感動した。

自分で描いた形が、そのまま実体をもって物理的に動作する。落書きが本物に変わる感動。
タッチジェスチャーとインタラクティブをどう結びつけるか、色々とアイデアが出されている中で、これは一つの究極の答かもしれないと思う。

同様のゲームで『Touch Physics』がリリースされているけれど、本家はこの『Crayon Physics』。

指先で世界を創る

まずは、プレイ動画をご覧あれ。

操作方法とか

操作はとてもシンプル。

cpd_2

赤いボールを星にぶつけてゲットすれば、ステージクリア。

cpd_3

オブジェクトをぶつけるか、タップして、ボールを動かす。
描いたオブジェクトを消したい時は、ダブルタップ。

cpd_4

オブジェクトを回転させることも出来る。
あんまり使わないのだけれど、回転させたオブジェクトでボールを吹っ飛ばしたりすると、かなり爽快だ。

cpd_5

ズームやスクロールも出来るけれど、これはあまり使う必要性がない。
デフォルトの大きさでもプレイしづらいわけではないし、逆に、ズームすると全体像がわかりにくくなって個人的にはプレイしづらい。

ビジュアルとゲーム性

まず、素晴らしいと思うのは、画用紙にクレヨンで絵を描くモチーフを取り入れていること。子供の頃に画用紙に落書きをしていた時の感覚そのままに、それが実体化する喜びを存分に味わうことができる。物理演算の技術そのものは、既に色々なゲームで取り入れられているわけだけれど、それをアナログな表現と結びつけたのは、タッチによる操作性ともあいまって、このゲームを何倍も素晴らしいものにしている。

cpd_6

ステージは全部で50種類、用意されている。「お、どうしたらいいんだろう?」と迷うステージはいくつかあるけれど、難易度自体はそれほど高くない。星をゲットすることが最終目的ではあるのだけれど、それはあくまで結果で、そこに至る過程を楽しむゲームだ。お絵描きをするような軽い気持ちで楽しめるのがいい。

cpd_7

個人的に好きなのは、音楽かな。日だまりの中で落書きをしているような、柔らかいアンビエントが『Crayon Physics』の雰囲気にとてもマッチしている。


cpd

Crayon Physics DeluxeCrayon Physics deluxe

Trackback URL

0 Trackbacks / Pingbacks

    コメントする »

    CAPTCHA


    Entries (RSS) | Comments (RSS)