HOME » Interest

映画『BEAUTIFUL LOSERS』(ビューティフル・ルーザーズ)が気になる。

投稿日 2008/07/29閲覧数 3,702 viewsコメント数 No Comment add to hatena (0) add to del.icio.us (0) add to livedoor.clip (0) add to Yahoo!Bookmark (0)
映画『BEAUTIFUL LOSERS』(ビューティフル・ルーザーズ)が気になる。

アートの常識を覆した、あるムーヴメントにフィーチャーしたドキュメンタリー作品。
8/2(土)から東京・渋谷の渋谷シネマライズ他で公開。京都では、京都みなみ会館で 9/27(土)から。

beautiful_losers

舞台は90年代のアメリカ。スケートボード、サーフィン、パンク、ヒップホップ、グラフィティ…、自分たちの好きな音楽や遊びで時間を潰すために、ストリートに集まる若者たち。時間と体力をもてあまし、世間ではLOSERS(落ちこぼれ)のレッテルを貼られている彼らを変えたもの、それが「創作」である。

 彼らを創作へと駆り立てたのは、アーロン・ローズ。NYに小さなギャラリー「ALLEGED(アレッジド)」(1992~2002)を構え、退屈している彼らに創作の場を与えた。そこに集まったメンバーに共通していたのは、美術教育を受けていないこと。

 キーワードは「D.I.Y(Do it yourself)」の精神。自分たちで作品を作り、自分たちで展示をし、自分たちでネットワークを広げてムーブメントを作り上げていく「手作り」の心だ。

映画『Thumbsucker(サムサッカー)』の監督、マイク・ミルズも、「ALLEGED(アレッジド)」出身なんだそうだ。

アートに上も下もない。
創ることの楽しさを忘れそうになった時に、ふと見たくなる作品かもしれない。

アートの常識を覆した若者たち「ビューティフル・ルーザーズ」 | エキサイトイズム

映画『ビューティフル・ルーザーズ』公式サイト

Trackback URL

0 Trackbacks / Pingbacks

    コメントする »

    CAPTCHA


    Entries (RSS) | Comments (RSS)