HOME » Review, App, Apple, Apple, iPhone, Review

iPhone単体で簡単にカレンダー付壁紙を作成:「Quick Calendar」。

投稿日 2009/05/08閲覧数 9,987 viewsコメント数 No Comment add to hatena (5) add to del.icio.us (0) add to livedoor.clip (2) add to Yahoo!Bookmark (0)
iPhone単体で簡単にカレンダー付壁紙を作成:「Quick Calendar」。

日常的にとてもお世話になっているアプリがあるので、紹介。

iPhoneのロックスクリーンに表示する壁紙に、簡単にカレンダーを追加できる壁紙作成アプリだ。
「Quick Calendar」と言う通り、機能もインターフェイスもシンプル。壁紙を変更したい時にあわせて、さっとカレンダー付壁紙を作成することができる。

超カンタン作成手順

起動したら、まず画面左下の「読み込み」から、カレンダーを付与したい画像をiPhone内から選択。

qc_2

画面上部左の「年月(5月 – 2009)」ボタンをタップして、開始年月を設定。

「6月 – 2009」に変更してみると、こんな感じ。

qc_3

画面上部右の「月数(3ヶ月)」をタップして、カレンダーで表示する月数とレイアウトを設定。
レイアウトは、月数に応じて様々なバリエーションが用意されているので、元画像に合うよう調整可能。

当月以外の月も確認できて便利な「3か月」

qc_4

どんな元画像にも合わせやすい「2か月」

qc_5

ちょっと欲張りすぎ?な「6か月」

qc_6

などなど。

設定がOKなら、「保存」をタップ。

qc_7

カレンダー付の壁紙が「写真>カメラロール」に保存される。

これだけ。

細かい設定も

「設定」ボタンをタップすると、もう少し細かい設定もできる。

  • 言語

    月名、曜日名の言語を設定。

  • 休日

    祝祭休日の国籍を設定。

  • 月名を表示

    月名を、数字で表示するか/文章(「5月」「May」など)で表示するか。

  • 月曜日始まり

    週初めの曜日を、月曜にするか/日曜にするか。

この設定も組み合わせると、それぞれの好みに合わせたカレンダーの見た目にすることができる。

qc_8

休日表示に対応しているのも嬉しいところ。

壁紙にカレンダーが表示されていれば、外出中に曜日を確認したい時など、とても楽になる。
壁紙を変える度に画像編集ソフトでいじるのも大変なので、日常使いのアプリとして、一本あると便利です。

欲を言うと、休日の文字色を青以外にも選択できたり、フォントも変更できたりすると、より壁紙に合わせやすくなるので嬉しいかな、と思う。

qc

Quick CalendarQuick Calendar

Trackback URL