HOME » Apple, Apple, iPhone, Misc

CM:白戸家お父さんが、iPhoneデビュー。その意味は?

投稿日 2008/10/13閲覧数 9,032 viewsコメント数 2 Comments add to hatena (1) add to del.icio.us (0) add to livedoor.clip (0) add to Yahoo!Bookmark (0)
CM:白戸家お父さんが、iPhoneデビュー。その意味は?

ついに、白戸家のお父さんが、iPhoneデビュー!

うーむ、ついに来ましたね。白戸家+iPhone。いや、普通にかわいいです。「指紋をつけるな!」とか、iPhoneの特徴(弱点?)をサラっと暴露していたりしますが。

あれ?よく考えたら、白戸家バージョンで特定の端末のCMするのって初めてじゃないですか?
で、ちょっとCMの意味とか狙いを考えてみた。

白戸家は、料金体系とかサービス系のCM担当で、端末のCMはキャメロンやブラピのイメージ戦略でやっていて、iPhoneもやるとしたら、その路線で行くのかと思ってた。

何でか考えてみると、恐らくiPhoneブームはいったん落ち着いて、それなりにリテラシーのある人(というのも語弊があるかもしれないが、アーリーアダプターや、それなりにiPhoneを理解して購入した人)には、iPhoneは行き渡ったと思われる。今後、さらにiPhoneの販売数を伸ばしていくためには、それ以外の人たち、例えばiPhoneのことを知ってはいるけれど、スマートフォンだから、と避けているような人(女性とか)に、もう少し身近なイメージを持ってもらうことで、手にとってもらう機会を上げていこう、というような狙いがあるんじゃないだろうか。(見ているマンガも、『働きマン』だし。)

別で、いったんブームは落ち着いたので、この辺でもう一度話題作りをしておく必要もあるだろう。その点、今まで特定端末のCMはしてこなかった白戸家バージョンで、iPhoneを取り上げるというのは、意味があるんじゃなかろうか。それも「タッチパネル端末を、(犬の)お父さんが購入する。」という意外性。肉球で操作するんでしょうか(笑)。

これにも、実は狙いがあったりして。iPhoneはタッチパネル端末だから、爪の長い女性には操作しにくい、と言われてきた。(実際、そんなこともないのですが。)そこに、お父さんだ。「肉球でも操作できるのに、爪が長いくらいで操作できないなんてことは、ナイ!」というアピールも含まれているのですね、SoftBankさん。(違うと思う…。。)

Trackback URL