HOME » Apple, Apple, iPhone, Review, Products, Review

レビュー:B&O「Earset 3」を購入。最高のiPhone用ヘッドセット。

投稿日 2008/10/09閲覧数 18,680 viewsコメント数 7 Comments add to hatena (4) add to del.icio.us (0) add to livedoor.clip (0) add to Yahoo!Bookmark (0)
レビュー:B&O「Earset 3」を購入。最高のiPhone用ヘッドセット。

早々に、Bang & Olufsen 「Earset 3」を購入した。(「B&O「A8」の進化系。マイクがついた「Earset 3」。」

装着感やマイク&コントールボタンの操作性、「A8」と異なるところはあるのかなど、実際に使ってみた感想を書いてみる。

Earset 3は、優れた音質と自然なフィット感で世界中のポータブルプレイヤーの愛好者から愛され続けているイヤフォン、A8をベースとした、マイク内蔵型ステレオヘッドセットです。音楽の再生/一時停止が手元のコントローラーでできます。
Earset 3は、革新性と便利さ、快適なコミュニケーション、そしてもちろん音楽に深い関心をもつ方のための究極の製品です。イヤフォンとハンズフリー通話に最高の音質を求めるiPhone ユーザーの皆様にとって、必需品となるでしょう。

注文時、Apple Storeでは、出荷 1〜2週間になっていたんだけれど、注文当日のうちに「発送しました。」メールが来てビックリした。(たまたま在庫があった?)

化粧箱におさめられている。

Earset3 外箱

  • 内容物

    収納用の革製ケースも「A8」と同じものがついている。

    earset3_review_2

  • マイク

    「A8」との最大の違い。マイク部分。

    earset3_review_3

    買う前は、円形の部分全体がマイクで、その表面がメッシュになっているのかと思っていたけれど、実際は横に開いている小さな2つの穴がマイクのようだ。メッシュのように見えるのは、ボタン操作の滑り止め用の単なるテクスチャらしい。

  • コントロールボタン

    マイク裏面が、コントロールボタン。
    通話応答やiPodのコントロールはココでする。

    earset3_review_4

    しっとりとした押し心地。カチカチという感じではない。
    反対側がマイクなので、押して大丈夫なのか、ちょっと不安に思っていたけれど、マイク部分は先に書いたように押さえても大丈夫なように作られているので、気にすることなくサクっと操作できる。電話応答や、iPodの操作も試してみたが、もちろん完全にOK。これは、快適だ。

    ・1回押す
    → 電話に応答/通話終了。
    → 曲を再生/停止。

    ・2回押す
    → 次の曲へ。

    ・3回押す
    → 曲の先頭/前の曲へ。

    ・しばらく押し続ける
    → 電話を拒否。留守番電話につなぐ。

  • 「A8」との比較

    左が「Earset 3」、右が「A8」。

    earset3_review_5

    見てわかるように、「A8」はY型ケーブルだったが、「Earset 3」はU型ケーブル
    長いほうのケーブルを首の後ろに回して使う。実際試してみると、Y型だと胸元でケーブルがユラユラしていたのが少し邪魔だったけれど、首の後ろに回ることで胸元はとてもスッキリするし、安定感もあり、良い感じだ。

  • ケーブルの比較

    earset3_review_6

    マイクがついたためにケーブルは、「A8」のものと若干違う。
    マイクより下は、太く、一本のケーブルになっている。「A8」と比較して、太くはなったけれど、柔軟性があり、しっかりした感触。クルクル絡まったりしないので、こちらのほうが好みかもしれない。

  • イヤフォン部分

    earset3_review_7

    相変わらず、装着感はとても良い。自由自在に調整出来る。

  • クリップ

    earset3_review_8

    一応クリップもついていた。
    ケーブルが邪魔になる感じはしないので、たぶん使わないかな、と思う。「A8」もそうだが、「Earset 3」も、「美しいモノを、あまり気取らず無造作につけるのがシャレてる」と、個人的には思うので。

  • iPhoneに装着

    earset3_review_9

    ビジュアル的な組み合わせの面でも、言うことはない。
    写真上では、ケーブルがちょっとゴチャゴチャして見えますが、実際つけてみると、快適。
    Shure Music Phone Adapter と「A8」を組み合わせていた時に比べると、ケーブルも断然すっきりして扱いやすい。

気になるマイク部分の重さは、やはり全然気にならなかった。軽い。左のほうが少し重いな、とか、そんなことすら感じない。元からのイヤフォンの安定感に加え、マイクも左耳イヤフォンのすぐ下についているので、ゆらゆら揺れて不安定になることもない。「A8」と全く同じ感覚で使えそうだ。

音質は、まだエージングも何もしていないので(イヤフォンにエージングは必要ないという話もありますが)正確には言えないかもしれないが、「A8」と同等でとても良い。「A8」よりも少し低音に力が加わったような気もする。

32,000円と、普通のイヤフォンに比べれば高価だが、とても満足している。それだけの価値はある商品だと思うし、所有欲や満足感の面でApple製品に通じるものがある。

ようやく、音質でも利便性でも、iPhoneをスマートに活用出来そうだ。

B&O Earset 3 (Apple Store Japan)

で、「A8」をどうするかが、目下の問題。
マイク部分が重かったら、運動する時のためなどに置いておいてもいいかな、と思っていたけれど、そんなことも全然ないので、誰かに譲り渡そうかと思っている。

Trackback URL